Menu

Q&A

Home

皆様から寄せられるよくあるご質問

カウンセリングに関するQ&A

どんなときにカウンセリングを受ければよいのでしょうか?

受けてみたいと思ったときでよいのです。
何だか落ち着かない、不安感が強い、旅行や温泉に行っても気分が晴れない、
心のなかにモヤモヤやイライラがたまったとき。
思いっきり自分のことをお話してみてはいかがでしょうか。

どんな内容でもよいのでしょうか?

「このままではいけない」「何とかしたい」「変わりたい」「改善したい」というお気持ちがあれば内容は問いません。
話しづらいようでしたらカウンセラーがしっかりサポートたいしますので、リラックスしてお話ください。

「自分の生き方」など漠然とした内容でもよいのですか?

「どう生きるか」というテーマはカウンセリングの重要なテーマです。
そして、東日本大震災後自分の生き方を見直したいという方が増えています。
ご自分で漠然としていると感じていることでもカウンセラーと見つめていくことで深めていけるはずです。

カウンセリングはメンタルの調子が悪くなってから受けるというイメージがありますが?

メンタル不調を感じられる方のみが受けるわけではありません。
最近は定期的にご自分を見つめて、ゆっくり自分自身を振り返る大切な時間として利用される方もいます。

カウンセラーはアドバイスをしてくれないのですか?

その方の状況や心理状態や時期に応じたアドバイスをいたします。
自分の心が納得し、行動に移せることが大切ですね。

現在、精神科に通院しています。カウンセリングを受ける事はできますか?

現在通院先の主治医にまずはご相談していただきお決めください。

うつ病と診断され休職。職場復帰・復職を控えています。うまく復帰できるか不安です。

個人の状況に応じた「個人向け職場復帰カウンセリングプログラム」で
対応させていただいています。
企業やクリニックでの職場復帰支援の経験と実績からビセオが作成しています。

カウンセリングは保険診療ですか?

健康保険は適用されません。
勤務先の健康保険組合等で「メンタルヘルスサービス」「心の相談」「メンタルカウンセリング」(EAP)という名称で当オフィスが提携している場合があります。
メールでお問合せください。

どのくらいの期間受ければ良いのですか?1回だけでも良いですか?

ご相談内容によって異なります。
1回で解決しすっきりされる方や、数年をかけてご自分のリズムでお受けになられる方もいらっしゃいます。
初回のカウンセリングの際に、お気軽にカウンセラーに相談してください。

カウンセリングの頻度はどのくらいですか?

個人のご相談内容や生活の状況によって異なります。
毎週の方から、隔週、3週間おき、一ヶ月おき、もしくは年に数回などが多様です。
 頻度はご本人のご希望や目標によっても変わります。

○短期集中型(今の問題を解決したい)
○じっくり型(生活全般の改善や心理的問題解決を目標とする)
○必要型(一度集中的にカウンセリングを受け、その後はご本人の必要性に応じて来談)

ビセオのカウンセリング

個人の方へ

企業の方へ

外国人の方へ

会社案内

株式会社 ビセオ
〒107-0062 東京都港区南青山4-8-20

株式会社ビセオ 南青山カウンセリングオフィス

株式会社ビセオ 南青山カウンセリングオフィス

地図

所在地:東京都港区南青山4-8-20 MAC青南205
東京メトロ 表参道駅 A4出口より徒歩8分
(銀座線 千代田線 半蔵門線)
東京メトロ 外苑前駅 1a出口より徒歩7分
←ビセオカウンセリングオフィス付近の地図 クリックすると拡大します。
スマートフォンなどでご覧の方はこちらをご覧ください。

PAGE TOP